あおしま文庫

筆者が読んだり見たりした本、映画などについて論じる

マンガ

こうの史代「この世界の片隅に」と「夕凪の街、桜の国」

あまり意識していた訳ではないのだけれど、私はどちらかと言えば作者買いをする方で、中学・高校の頃は谷川流の本を集めていたし、大学生以降は森見登美彦の本を(単行本と文庫を別に数えなければ)全て買った。マンガだと、青池保子や久世番子、甲斐谷忍な…